読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐるぐるよーぐると

誰よりもそばで僕が見届けていたい

めぐり逢うすべてに



水樹奈々 LIVE ZIPANG 2017

1月は代々木、2月は北海道へ。行ってきました。


最高に楽しかった。最高に幸せでした。

ライブの感想は、全てが最高に尽きるので、特に喋ることがないです(笑)ライブに行ってくれ!最高だから!!!


でもね、1つライブを振り返って話をすると、本編最後の「めぐり逢うすべてに」って曲で、わたし無性に泣けてきて。

奈々さんは、歌手であり、声優だから。言葉に想いをのせるプロだから、その曲の歌詞がもう心に突き刺さるように届いてきた、っていうのと、奈々さんが大好きで大好きで大好きすぎて、なんか泣けてきたの(笑)


それから、私は奈々さんの何が好きなんだろうなぁって考えて。


人間性、に尽きるなってところで今落ち着きました。

 



奈々さんのライブに行くと、いつも笑顔になる。奈々さんが好きだー!って気持ちでいっぱいになるんだよね。


好きな人に会えるから、とか。

楽しいから、とか。

笑顔になる理由を考えたら、そういうことももちろんあるんだけど、そういうことだけじゃなくて。不思議な感覚なんだけど、奈々さんを見てると笑顔になるんだよなぁ〜〜。なぜかって、その理由を具体的な言葉でなかなか明言できないんだけどさ。いつでも奈々さんがあまりに純粋に楽しそうなんだよね。嘘偽りなく、何事にもまっすぐなんだよ。

どんな人でもさ、調子悪い時だって、機嫌が悪い時だって、気分な乗らない時だってあるじゃない?それをまったく見せない。それって、すごいことだよ。ファンに見せないのはわかる。その時間だけは、仮面を被ることはできるかもしれない。でも、奈々さんのすごいところは、バンドメンバーにもダンサーにもスタッフにも共演者にも、誰にもそういう姿を見せないところ。

奈々さんの話とかを聞いていると、いつでもすごくポジティブで、パワフルで。これは、もう水樹奈々が生まれ持った才能なんだろうなって思う。


それでいて、こんなにすごい人なのに、誰にでも100%の愛を持って、真摯にぶつかってくれるのも奈々さんのすごいところ。人の話は人の目を見て、じっくり聞いててさ。

ライブ見てたって、1対100っていうような感覚じゃなくて、1対1でいてくれる。そう思わせてくれる。


私の大好きなエピソードで、チーム水樹として、新しくライブに関わるスタッフさんは必ず紹介してもらう。どんなスタッフでも、1人が欠けてしまったら、私は歌うことができないって言ってたのがあって。


人の話をしっかり聞くとか、しっかり目を見るだとか、小学生でもできるし、わかるし。当たり前じゃないかって思うじゃない。でも、生きててそれが蔑ろになる瞬間だってあるじゃない。それが人を傷つけたり、苛立たせたり、してしまうことあるじゃない。


奈々さんが誰からも愛されるのは、こういう人だからじゃないかって思う。




人間的に嫌な部分とか、弱い部分を人に見せないって、本当すごいと思うの!それができるのは、本人の強さはもちろんだけど、心から支えになってくれる家族や友達の存在があるとは思うけどね。よく奈々さんがブログで言う、『リフレッシュ』できる瞬間を共有してくれる大切な人が、たくさんいるんだと思う。



奈々さんは、めぐり逢った全ての人が、笑顔でいてほしい、幸せでいてほしい、めぐり逢った全ての事が自分にとって、必要不可欠だって考えてる。それが、先述しました「めぐり逢うすべてに」って、曲に詰まってます。


そんな愛情向けられたら、こっちだって、最上の愛情を返したくなるじゃないですか?幸せでいてほしい、笑顔でいてほしいって思うじゃないですか?プライベートな関わりのない、ただのファンだって、そうやって彼女の幸せをただただ願いたくなるんですよ。

だから、奈々さんの周りには、人が集まるんだなぁって納得するじゃない?



決して楽な道のりじゃなかった

幼い頃から歌手になるために、レッスンの日々で、友達を遊ぶことだって子供としての楽しみを捨ててでも、夢を追いかけて。

東京へ上京してからも、デビューを掴むまでの苦労しつづけて。



そして、


日本武道館

さいたまスーパーアリーナ

西武ドーム

東京ドーム

甲子園球場


って、声優界の枠にとどまらず、夢の舞台へ着実に登り続ける人で。




この人から出る、『夢は心を裏切らない』ってもう言葉の重みが、違うじゃん。

めぐり逢うすべてにって曲を、本当に聞いてほしいんだけど!わたしは、これに水樹奈々が詰まってると思うよ。



これからも奈々さんとなら、たくさんの夢を見れる。確信しかしてない。

これからも大好きでいたい。


ありがとう。を伝えたいのは、むしろこっちです。



っていう、まとまりのない文章が生まれてしまった。要約すると、水樹奈々が大好きだってこと、それだけ。奈々さんがいるから、わたしの人生は幸せなんです。これからも人生を捧げて、応援したいです。 おわり。

AAAのことについて


メンバーの卒業ーーーー。



いつかはあると思ってたし、AAAが終わる未来だって、何度考えたかわからない。

メンバーのインタビューでも何度か聞いたことあるから、そういった危機に直面したことも、実際問題あったのだと思う。




いつかは来ると思ってた。



来ると思ってたのに、いざその時が来てしまったとき、何も考えることができなかった。



AAA 伊藤千晃の結婚、妊娠発表。

そして、3月末でのAAAからの卒業。



受け入れられなかった。

受け入れたくなかった。

何度も嘘であればいいと思った。


女性にとって、結婚すること、子供を授かることは、人生においてこの上ない幸せ。素敵なことだし、素晴らしいこと。芸能人であるからということを理由にそれを諦めることはない。


わかってる。そんなことわかっている。


頭ではわかっているのに、気持ちがついていかないってこういうことなんだろうなぁ。

嬉しいのに、寂しくて、悲しくて。もやもやしてしまう。

複雑な想いだけが、心の中を埋め尽くしていた。


少し時間が経って、冷静に考えることができるようになった今、言葉にまとめておきたいなと感じたので、ここに記そうと思います。最初に言いますが、とても自己満足な文章になると思います。






私は、AAAが大好きです。


私の人生において、かけがえのないグループです。

好きになったのは、私が中学生の頃でした。

楽曲が好きで、パフォーマンスが好きで、何よりメンバーが大好きで。


嬉しい時も、不安な時も、ずーっと側にはAAAがあった。7人がいた。

ゆかりんの件は、今回はおいておく。(ゆかりんヲタの方には申し訳ないけど)



約10年間、ずーっと、ずーっと、AAAを見てきた。

7人のAAAをずーっと見てきたから、そのグループから1人だって欠けてしまうことが、寂しくてしょうがないよ。




この発表があったときにツイッターで呟いたの。


正直な話すると、もうAAAは終わったと思ってる。もう7人であることが当たり前になりすぎてて、6人でAAAだとは思えないんだ。


って。

この気持ちは、正直まだあるよ。

6人でAAAを続けることに対して、嬉しいと思う。でも、嬉しくないとも思う。



だって、AAAは7人でAAAだから。

全然理由にならないけど、7人でAAAなんだよ〜〜〜〜(語彙力をください)




でも、千晃ちゃんの発表とともに、AAA解散なんて聞いたら、とてもじゃないけど、もっと悲しかった。もっと辛かった。


だから、ありがとう。



AAAを守ってくれた、メンバーに心から感謝したい。いつだってAAAに全力を注いでくれていること、ずっと応援してきたけど、改めて感じた。


当たり前ほど、尊いものはないね。

ありふれた毎日こそが、最高にキラキラしてること。知ってたはずなのに。きんいろモザイクで学んだはずなのに!(笑)




ねぇ、あんなにも一緒にいたから

サヨナラは言わずにここでIt's over

少し会えなくなるけど

忘れない、君が誰よりも恋しくなるだろう



多分、これが7人で最後のライブになると全て分かっていて、AAAがこの曲を歌ったことに全て詰まってるじゃん。



「笑顔のまんまで手を振って、僕らはまた繋がるよね」って。

これが、AAAの「はじまりのstepになる」って。



これがメンバーの想いで、AAAとしての決断なんだ。

考えれば、考えるほど、どんなにメンバーがAAAに愛情を注いできたか、どんなにメンバーを愛しいと想っているか、ファンの贔屓目もいっぱいあると思うけど、痛いほど伝わってきた。




この文章を書いていて、すとんと胸に落ちてきた。


私はAAAが大好きで、これからも大好きなんだ、ってことが。




この先どんなことがあるかは、誰にもわからない。でも、今この瞬間、この想いだけは、本物。




2016→2017


明けました。おめでとうございます。

はぁ〜〜〜〜明けてしまった。2016年振り返ることもなく、終わってしまった。早かった〜〜( ; _ ; )なんだか、本当に一瞬で終わっちゃった。



ロデオ年越しから始まった2016年。

1日から、Rhodanthe*ちゃんの元旦ライブ行ったし、社畜イベンターとしては好調な滑り出しでした。奈々さん、AAAにも会いに行けた。

大好きなまなみんのイベントにも何度も行けたし、土日休みじゃないけど、なかなかに頑張ったんじゃない?(自画自賛)




2016年は、ジャニオタ本格始動の年でもあって、Kis-My-Ft2のI SCREAM TOURに参加したり…DREAM BOYSを観劇したり。生で体感するジャニーズの圧倒的存在感はすごかった。ステージ上でのキラキラした姿は、やっぱり最高のアイドル。ライブステージでの一瞬も観客の心を離さない演出やパフォーマンスに惹かれ、舞台では、真近で見たジャニーズの顔の綺麗さに惹かれ…ジャニーズって本当すごい(信者)

そんなこんなで転がり落ちるようにキスマイが大好きになって、ジャニーズが大好きになって。この好きになりたてのころって、ほんっっっっと楽しいよね!めっちゃ楽しい!何しても楽しいんだ。

AAAも大好きだけど、今のキスマイに対する熱量があるかっていうとそこまでじゃない。正直。でも、でも、大好きなんだけどね????!!!!!



AAAで言えば、LEAP OVER TOURからの東京ドーム。最近のAAAは、演出に非常に重点を置いてて、いかに魅せるかってことにものすごくこだわってる気がした。それゆえに会場との一体感が薄まってしまった気がしてるのはわたしだけか。すごいって思わされるのと同時に、目の前でのパフォーマンスがものすごく遠く思わされる瞬間があったかなぁ〜。いくら小さい箱でファンクラブイベントしても、目の前でメンバーの姿が見えても、なんか遠く感じる不思議な感覚です。そして、セトリがクソだ!!!!!!!!!!!!!!!!(笑)

楽曲の持つ世界観を演出するパフォーマンスに拘ってきたかと思えば、一年の集大成の紅白では自分たちと会場でつくる一体感を押し出すようなことをしてきたり、紅白はNHK側からの指定とか要望もあるとは思うけどさ〜〜。これが本人側から出した案だったらもうなんだろう…。やりたいことがブレブレで、AAAとして進みたい道が全く見えない。個人的にはNEW一択だったんだけどな〜〜〜〜


あとは、何かな〜〜。久しぶりに舞台沼にも落ちかけてるところかな?俳優沼に出戻りしそう。2017年は、どこの沼に落ちるか乞うご期待!!!!!!!!!!!!!!!!!!!ジャニーズ沼もさらなるグループに落ちそうだし、Jr.グループもいいし、どうしたらいいの????????(笑)

今年は、お仕事もっともっと頑張って、遠征もたくさんしたいな。主に奈々さんなんだけど。久しぶりの冬ツアーどんな冬になるかなぁ。夏はどんな夏になるかなぁ。今年も大好きなものを大好きって、全力で追いかける1年になるといいなって思います。

待ちに待った夏がきた



はい、こんにちは。

ちょっと前になるけど、水樹奈々様の甲子園球場ライブ、NANA MIZUKI LIVE PARK 2016 へ行ってきました〜〜\( ˆoˆ )/

超楽しかった…楽し過ぎて、どうしようか?って感じでした。毎年奈々さんのライブと共に夏が始まってたので、今年は恒例の夏ツアーがなく、寂しくて、早く会いたくて会いたくてしょうがなかった!本当に待ちに待ったわたしの夏が、きました!!!!



奈々さんは、いっつもわたしたちに“夢”を見せてくれる人。これまで奈々さんが夢を叶える瞬間にたくさん立ち会うことができました。今回は、甲子園球場でのライブ。女性ソロアーティストとして、初めてのことだそうで、阪神ファンを公言している奈々さんがずっと夢見ていた場所。長年のオファーがやっと身を結んでの開催だったよう。奈々さんと、チーム水樹スタッフさんの努力に感謝。



ライブ前には、神戸牛とチーズケーキ食べて、幸せでした☺️わたし、奈々さん以外で遠征したことないんだけど、遠征って美味しい食べ物食べれるからいいよね。それも楽しい…!


そして、今回のライブで一番不安だったのが、天気…降水確率80パーセント…今までいろんな奇跡を起こしてきた、スーパー晴れ女の奈々さんだから、きっと…っていう気持ちと、それに反して土砂降りになる天候にしゅんとなったり。でも、会場向かってる途中で雨も上がり、雨なしでライブスタート。


登場一曲目の衣装がめちゃかわいい(/ _ ; )奈々さんはいつでも可愛いんだけど、あれすごい好き。


奈々さんのライブって、自然と笑顔になれる。それが本当にすごいと思うの。不思議なんだけど、奈々さんのライブって無条件に笑顔になる…なんでかなって考えてもうまく言葉にはできないんだけど、奈々さんのライブって自分のやりたいことをやるっていうより、どうしたら、ファンが笑ってくれるか、驚いてくれるか、喜んでくれるかってことにものすごくこだわっている気がするんだ。

そんな人だからこそ、受け手も笑顔になれる。




そして、やっぱり奈々さんは超人(笑)


まずライブが雨降らずに始まったのもすごい。何度かパラパラっと降った瞬間もあったけど、全然気にするほどじゃなくて。

でも、本編ラスト2曲ってなったアパッショナートって曲のとき、曲の最後に演出で、奈々さんの後ろで火花が滝のように振ったのよ。で、曲終わった瞬間に、大粒の雨からの土砂降りね。

雨に降られる奈々さんって超珍しいんだけど、雨に濡れながらのラストのBRAVE FHONIXは正直鳥肌だった。


アンコールも相変わらず土砂降りなんだけど、アンコールで奈々さん、サプライズでサックスを披露してくれて、いっつも短い時間の中でファンのためにいろんな挑戦をしてくれるすごいひと。楽器が雨に濡れるってことはかなり致命的なことなのに、屋根があるところに移動せず、ずぶ濡れでサックス演奏する奈々さんはかっこよくて、目が離せなかった。


アンコールの曲は続いて、恋想花火って曲に入る前くらいから、雨が次第に弱まって、ラストサビには花火が上がって、もうこれも鳥肌もの。

アンコール演出の花火はこの雨じゃ上がらないかもと言われていた中で、突然止んだ雨。花火を上げようとする咄嗟の判断をしたスタッフチームのチームワークも素晴らしくて、きっとチーム水樹スタッフも奇跡が起こること信じてたのかなって。これは、わたしの想像でしかないけど、みんなが奇跡を信じてた。


もうなんか全部が全部、演出なのかなって思うくらいで。

奈々さんは、天候にさえ愛されてる、超人だよ…




ラストのJET PARK歌ってくれるのは、誰もが期待してた。奈々さんのセトリって、毎回期待を超えて、期待に応えてくれるんだよなぁ〜〜。ここってところでファンが待ってる曲は絶対歌ってくれる。

最高のステージをありがとう。




冬のツアーたのしみ!はやく会いたい!





DREAM BOYS




9月15日、ジャニーズの舞台「DREAM BOYS」観てきました。初演がタッキー(滝沢秀明さん)、そしてKAT-TUNの亀梨くんと受け継がれて続いてきた舞台。

玉森くんが座長を継いでから、今年で4年目のよう。新規オタクなので歴代の公演を知らないのだけど、今回はストーリーにも変更があったそう。せめて、去年の作品を見ることができたら、更に今回の舞台を楽しめたように思うなぁ。


感想書きたいと思いつつ、面倒くさがりで書こうとしてこなかったんだけど、水樹奈々さんの甲子園公演行ったら、きっとそっちの感想書くので手一杯になるだろうからと思い、甲子園へ向かう今、更新します(笑)


ストーリーだとか、演技力だとか、正直なところファンじゃなきゃどうだろうか…と思うところもある。ごめんなさい、わたしがジャニー喜多川氏の描くドリボの世界観について行けてないのか、理解できていないのか、勉強不足なところもあるかもしれない。

でも、この舞台も「これがジャニーズ!」というのを、肌を持って感じました。ショーとしての完成度の高さは、舞台の域を超えてた。歌、ダンス、フライング…演者の輝きを最大限に引き出す演出、パフォーマンスはさすがとしかいえない。

座長の玉森くんは、毎年様々なフライングに挑戦してるようなんだけど、今回は、二本の紐に自らの腕の力だけでぶら下がってのフライング。全身の体重を自らの腕の力のみで、支えなきゃいけないのだから、自分の腕をはじめとする身体への負担っていうのは尋常じゃないはず。飛ぶ前、二本の紐をぐっと引っ張って、「ふぅーっ」っと大きく息を吐いて、飛んでいく姿は本当に綺麗。でも、飛んでる最中の表情は、まさに必死というか苦の表情。正直、パフォーマンスを見つめる思いとしては、心配というか、頑張れっていうような気持ち。

すごい勢いで回転して、パフォーマンスし終わって、暗転してはけるんだけど、そのときの足取りフラフラだもん。きっとどこが天井で、どこが床がわからないくらい、目が回ってたと思う…。


笑顔でキラキラしてる姿を見て、アイドルしての輝きに魅力されるけど、そのパフォーマンス中の苦しさに耐える表情や姿ほど、人間の本当の意味での美しさが見える瞬間じゃないかと思う。玉森くんって、ただ立っているだけで、圧倒的に華があって、綺麗。そんな美少年が苦痛の表情を浮かべてるんです。この字面だけみると、変態かよとか思われちゃうかもしれないけど、玉森裕太っていう、アイドルの輝きやパワーを最大限に引き出して、演出してるんだから、ジャニー喜多川氏の演出は、最高だというしかないんだろうなぁ。


苦しいって表情すらも美しくみえる、そんな演者がいて初めて成り立つ演出だとも思うから、ジャニーズだからこそできる舞台なんだとも思う。

玉森くんだけじゃない。みんな本当に綺麗。そんな人たちが揃って、パフォーマンスするだよ。圧倒されるわ。



ジャニーズが圧倒的な男性アイドルの地位を確立してるのって、こういうことなんだろうなぁ。言葉にはできないから、感じてくださいとしか言えないんだけど、ドリボを観劇して、わたしはそれを感じた気がします。




あとは、合間合間のアドリブも笑ったな。主に宮田くんに対する無茶振りなんだけど(笑)わたしの観劇の回では、ジェットボーイズの大喜利?コーナーで、「ケントを笑顔にする一言」「トシヤを笑顔にする一言」っていうお題にジェットボーイズが答えていて、その流れで別のシーンでリカさんから笑顔にする一言を宮田くんが無茶振りされたり、


特に興奮したのは、ユウタとベンチで話すシーンで、話の流れぶったぎって、「ねぇ、俺のことも笑顔にしてよ」ってアドリブぶっこむ玉森くんね(笑)

あの時の顔は、完全に役のユウタではなく、宮田の嫁だったよ( ・⊝・ )



急にアドリブ振られて、「ユウタぁぁぁ〜〜〜〜だめだよ、ユウタぁぁぁ〜〜〜〜」って、玉森くんの肩にすりすりする宮田くんの可愛さよ…もう舞台中にイチャイチャするのやめて!!!!!!!!!!


実際は「ごちそうさまでーーーす」って感じでしたけど(笑)




渾身の宮田ギャグが綺麗にすべって(その空気にややウケ)、2人でにやにやして、笑いを堪えながら「下の上かな」っていう玉森くん。そのあとすぐ宮田くんが本編のセリフに戻ろうとするだけど、あまりに唐突すぎて、客席も演者も吹き出しちゃって、とりあえずベンチに駆け寄るところから仕切り直すっていう前代未聞感よ(笑)


いやぁ。面白かったなぁ、





ドリボは、本編終了後にショータイムという形で、歌を歌ってくれるの。


AAO(宮田千賀)

Everybody Go!(玉森宮田千賀)

MU-CHU-DE 恋してる(玉森)

Let it BURN(千賀)

モテたいぜ トゥナイト(宮田)

Gravity(玉森宮田千賀)

Shalala☆Summer Time(玉森宮田千賀)


Love-tune オリジナル曲

海斗くんダン


Endless Road(玉森宮田千賀)



今回はこんな感じ。全部フルではないんだけど、すっごい楽しかった〜〜〜〜客席降りもあって、間近で宮田くん千賀くん見れたヽ(;▽;)ノかっこよかった〜〜〜〜。

そして、玉森くんのむちゅーはずるいヽ(;▽;)ノ雑誌で好きな曲って公言してたけど、ソロ選んじゃうのはずるい!!!!!!本当かわいい!かわいさの極み!!!!!舞台かっこよさと美しさのダブルパンチだったのに、ここにきて、かわいさの殴打。゚(゚^ω^゚)゚。確実にK.O.大勝利ですよ。ノックアウト。おめでとうございます…!

 



公演は、まだ続くけど、みんな怪我なく最後まで演じきってほしい。素敵な舞台を見ることができて、よかった!


さぁ。甲子園に向けて、もう一眠りしまーす。(新幹線からの更新でした)





シャララの乱


「嘘でしょ?」


そんなことがあるなんて、思ってもみなかった。とりあえず意味がわからなかった。



キスマイがオリコン2位発進するという、現実。デビューから16作連続でオリコン1位を取ってきた記録が止まってしまうかもしれない恐怖。騒然としていて、自分の心もざわついていて。これがジャニーズじゃなかったら、連続記録がなかったら、こんなにも熱くなって記録にこだわることもなかったのかもしれない。

だけど。ジャニーズだから、ジャニーズだからこそ、この記録を守り続けなきゃいけないような気がした。


それからの1週間は、なんだかすごい日々だった。ツイッター上で、CDを追加で購入する動きが加速して。いつしか、「追いシャララ」なんて言葉が生まれて(笑)デイリーのランキングは、毎日順位が入れ替わって、こんなデッドヒートあるかよ?ってくらいでさ。特にウィークリー最終日の日曜日は、本当に胸が熱くなった。各地で「ここの店舗は在庫あります!」「オリコン集計○時まで間に合います!店員さんに確認済みです!」そんな情報ツイートに溢れてて。avexも普段物流が止まってしまうはずの日曜もフル稼働で、社員さんがタクシーで店舗にCDを届けて回って。それをまたファンが買っていって。


CDを複数買いすることなんて、正直慣れていて。複数形態売りも慣れてるし、イベント参加のために積むのも慣れてる。でも、今回のそれは今までとは違って。基本的にCD積むのって、イベント(リリイベ)が大きくて、それって自分のためにCD買うのよね。握手できるとか、会話できるとか、たくさん周回すれば認知もらえたり、そんな自分に返ってくる付加価値のためにCDを買う。ある意味でCDは二の次になりがちなんだよ。複数買いする理由って。多分ね。


でも、今回は、違うんだよ。

たくさんCD買ったって、キスマイに会えるわけでも、触れられるわけでもない。ただ記録を守りたい。自分のためじゃなくて、Kis-My-Ft2のためにCDを買ったんだ。わたしそういうの弱いから、本当に感動してさ。しかも、キスマイのファンだけじゃなくて、他のジャニーズグループのファンもCD買ってたり。これは、わかるじゃん。だけど、これだけじゃなくて、これまでメンバーがソロでお仕事した中で共演した方たちのファンまで、キスマイの危機だからって、CD買ってくれたとか何事なの?????みんなどれだけ優しいの?キスマイオタクとラブライバーが戦線組むとか、もう異次元的な話すぎてさ…「宮田に落とした金は、将来ラブライブに回る金」っていうラブライバーの発想はさすがだよ(笑)


日曜日のデイリー集計で3万枚とか、そうそうないからね。異常だからね。数字追ってくと、特に日曜日の跳ね上がりすごいからね。スタッフが必死に届けて、ファンが必死に買い求めたその結果がこれなんだよね。



これって、それぞれがちゃんとKis-My-Ft2を背負って、活動してきた結果じゃんね。それぞれの場所での姿がちゃんと評価されて、愛された結果じゃんね。


そうやって積み重なった266,799枚。週間オリコンランキング1位の記録。


当たり前の1位が、当たり前じゃないんだってことを改めて感じたよね。




メンバーと、スタッフさんと、ファンとみんなで作った記録。オリコンみたいなこういうランキングって、大好きなアーティストと一緒に頑張れるものなんだよね。どちらが、何かが欠けても作れない記録。

リアルタイムでメンバーのありがとうの気持ちを聞くたびに、本当に本当に本当本当嬉しい。所詮記録だけど、されど記録。ファンからの愛の大きさを表す記録でもあると思うの。素敵だなぁ〜〜うまく言葉にできないけど、こういうのっていいなぁ。



まさか、このSha la la ☆ Summer Timeがこんなにも胸を熱くする楽曲になるなんて、思いもしなかった。



5周年という節目に、改めてキスマイを支えたいと思ったし、大好きだなと思えた。

メンバーにとっても、きっとファンの存在を感じた1週間だったはず。


Kis-My-Ft2で、てっぺん取りたい。

その日まで、最高にキラキラで、最高にギラギラした、面白くて、可愛くて、かっこいい、素敵なグループでいてください。



あ〜〜楽しいなぁ。アイドルを応援するって楽しいなぁ。そんな新規ババアも燃えた1週間でした。


とりあえず配布芸するから、キスマイ気になったら、声かけてください。




はじめてのキスマイ魂



楽しさしかなかった。


ついに落ちきってしまった沼に。やったね。

Kis-My-Ft2というグループにどハマりして、どのくらい経ったでしょう。軽率に足を突っ込むのが大好きなのでいろんなものに興味を持つけど、ここまでハマったのは水樹奈々以来だよ。振り返ったら、奈々さんのこと好きになって、7年経ってた。ちょっと意味がわからない(°_°)


話は逸れたけど、久しぶりにこんなにも熱くなれるものに出会いました。ジャニーズはいいよ〜〜〜。

アイドルって、夢を見るもので夢を見させてくれるものだと思うの。今のアイドルって、会いに行けば、近い距離で話せて、触れることができる機会があるじゃない?全ての世界がそうじゃないけども。 ジャニーズは明らかにそうじゃない。ファンとアイドルの距離感としてはものすごく遠い気がする。メンバーがファンを大切に思ってないとかそういう意味ではなくてね。絶対に触れられないからこそ、アイドルなんだってわたしは思う。触れてしまったら、そこは現実だから。夢を見る、夢を見せてくれる、そんなアイドルがわたしは好きです。


今回、初めてキスマイのライブに行って思ったのは、「あ、本当に現実に存在するんだ」ってこと(笑)二次元のレベルなの。画面から出てきてることが不思議でしょうがないの。本当に(笑)双眼鏡で覗かなきゃ、表情や細かい動きの一つ一つが見えないような距離でも、目の前にいて、歌って、踊って、喋るメンバーがいることに、ただただ胸が高鳴るだけだった。そこにいるだけで、人の心を動かすことができるってすごい。



何かに夢中になるって、楽しいね。 次々にいろんなものがでてくる、今回のライブはおもちゃ箱みたい。各々のソロのベクトルがあらゆる方向を向きすぎてるから、振り切れたステージだった。 んで、1番すごいなって感じたのは、早替え。 ライブメイキングとかで、裏のドタバタ感は見ていたけど、本当すごいなと思って。ステージ見てるとそんなドタバタが繰り広げられてるなんて微塵も思わないんだけど、次々に衣装が変わって、次々と曲が続いて、止まることがないから、熱が最後まで切れない。ほぼMC以外で座れなかったもん。この観客を惹きつけ続けるステージって、ジャニーズ流なのかな?わからないけど、自己紹介とかもわざわざMC挟むんじゃなくて、曲中で入ってくるのとかも、初めてライブ映像見たときびっくりのを覚えてる。だからだろうけど、体感だと一瞬だよ?ライブ。あっという間に終わっちゃったって感覚。


あ〜〜楽しかったなぁ…早く次いきたいってその気持ちしかない。東京ドーム4days全通していたかった(T_T)



アイドルって、なんでこんなにキラキラしてるんだろう。特に宮田くん、超アイドルだよ(T_T)キラキラしてて、超かっこよかった。彼もヲタクだからかな?アイドルっていうイメージというか、ファンに対してアイドルでいようって気持ちが強い気がするの。1番ときめいたのは、ローラースケートで外周の花道でパフォーマンスしてたとき、自担のうちわか何かを見つけたんだろうね。でも、すぐにファンサするわけじゃなくて、サビ終わりで移動するとき、振り向きざまにその子に指差して、ローラースケートで駆けていくの。絶対に最初からうちわに気づいてなきゃできないし、きっとファンサもらった子死ぬでしょ?多分一瞬すぎて意味わかんないけど、死ぬでしょ?歌ってるときも、「よし、振り向きざまに決めよう」とかずっと考えてたんでしょ?ドーム全員抱いてやるぜみたいな、そんな高度なことはできるタイプじゃないけど、その子を幸せにしてあげようみたいなさ!!!!わかる?!!!わたしの言いたいこと伝わる?????自分でもわからないんだけど!さ!!!!そんな一撃喰らったら死ぬじゃん…(T_T)

普段いじられてばっかりで、最初はかっこいいってイメージ全くなかったけど、ライブ見るようになってから、宮田くんのかっこよさに衝撃受けてる。ねぇ、本当にかっこいいと思うの。いざってとき決められないけど、そんな不器用なところも好きだし、意外に計算高いところも好きだし、優しいところも好きだ。あの玉森裕太を手懐けるだけは、ありますよ。



そして、玉森さん。やっぱ美しいし、ゆるゆるで可愛いし…千賀さんの心霊体験話から、自分も話し始めた心霊体験?話がかわいすぎてだな( ・⊝・ )途中でオチが分かりすぎて、自分で話しながら笑っちゃうの。そのあと、手を顔で覆って、照れちゃうの。なんなの。なんなの。玉森くんはさ、そのままの玉森くんでスーパーかっこよくて、スーパー可愛いのがずるい!!!!!!存在が尊いわ!!!!!!同じ時代に生まれてよかったーーーーーーーーー😭🙏




演出もよかったなぁ。アルバムタイトルにかけて、叫ぶをテーマに驚きのあるステージだった。登場のフライングで急降下するのとか、絶対怖いだろうに、かっこよく決めてる姿とかすごかったなぁ。 かっこいいところも、かわいいところも、面白いところも、キスマイっていろんな姿を見せてくれるからずるいね。大好きになっちゃうよ。

やっぱり行ってよかった。 好きな人は、やっぱり生で見たいもん。行ってよかった。幸せな気持ちになれた。ありがとう。キラキラしてて、わたしの今の1番の元気をくれるグループは、間違いなくキスマイ。

そして、わたしが行った翌日に、ライブに水樹奈々さんきたって何事よ。゚(゚^ω^゚)゚。わたしの二大推しが繋がるとかわたしを殺す気なのか。先日お奈々さんのラジオで、FNSのときかな?宮田くんに声をかけられたって話をしてて、それだけで興奮したのに〜〜奈々さんがキスマイのライブに来てくれるなんて!!!MC中もいつも以上に興奮して張り切りすぎて、静かに横尾さんに怒られちゃう宮田くん(笑)いや!気持ちわかるよ!!!!!奈々さんきたら、そりゃ張り切るだろうよ!!!!!あの水樹奈々だもんな。゚(゚^ω^゚)゚。ステージによって気合が違うのは、アイドルとして、褒められたものじゃないけど、憧れの水樹奈々さんに少しでも楽しんでほしい、かっこいいと思ってほしいって頑張っちゃう宮田くんの姿は、間違いなくオタクの宮田俊哉の素顔だったよ。わたしはさらに好きになったよ!!!!!!!!!!!

おもちゃ箱みたいにいろんなエンターテイメントが詰まったステージは、絶対奈々さんも楽しんでくれたと思うよ。そういうの大好きな人だから。てらしーも観に行ったみたいだし、本当に仲いいんだってびっくりした(笑)

好きなことを貫くって大変なこともあるのに、彼は強い人だなって改めて思った。




玉さん担のはずだけど、強火宮田担みたいなブログになってしまった(笑)でも、宮田くん好き。たんまみーやがすき。キスマイがすき!!!!!!!いぇーーーーーーーーーーーーーーーーーSPYCHO!最高!!!!!!