読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐるぐるよーぐると

誰よりもそばで僕が見届けていたい

DREAM BOYS




9月15日、ジャニーズの舞台「DREAM BOYS」観てきました。初演がタッキー(滝沢秀明さん)、そしてKAT-TUNの亀梨くんと受け継がれて続いてきた舞台。

玉森くんが座長を継いでから、今年で4年目のよう。新規オタクなので歴代の公演を知らないのだけど、今回はストーリーにも変更があったそう。せめて、去年の作品を見ることができたら、更に今回の舞台を楽しめたように思うなぁ。


感想書きたいと思いつつ、面倒くさがりで書こうとしてこなかったんだけど、水樹奈々さんの甲子園公演行ったら、きっとそっちの感想書くので手一杯になるだろうからと思い、甲子園へ向かう今、更新します(笑)


ストーリーだとか、演技力だとか、正直なところファンじゃなきゃどうだろうか…と思うところもある。ごめんなさい、わたしがジャニー喜多川氏の描くドリボの世界観について行けてないのか、理解できていないのか、勉強不足なところもあるかもしれない。

でも、この舞台も「これがジャニーズ!」というのを、肌を持って感じました。ショーとしての完成度の高さは、舞台の域を超えてた。歌、ダンス、フライング…演者の輝きを最大限に引き出す演出、パフォーマンスはさすがとしかいえない。

座長の玉森くんは、毎年様々なフライングに挑戦してるようなんだけど、今回は、二本の紐に自らの腕の力だけでぶら下がってのフライング。全身の体重を自らの腕の力のみで、支えなきゃいけないのだから、自分の腕をはじめとする身体への負担っていうのは尋常じゃないはず。飛ぶ前、二本の紐をぐっと引っ張って、「ふぅーっ」っと大きく息を吐いて、飛んでいく姿は本当に綺麗。でも、飛んでる最中の表情は、まさに必死というか苦の表情。正直、パフォーマンスを見つめる思いとしては、心配というか、頑張れっていうような気持ち。

すごい勢いで回転して、パフォーマンスし終わって、暗転してはけるんだけど、そのときの足取りフラフラだもん。きっとどこが天井で、どこが床がわからないくらい、目が回ってたと思う…。


笑顔でキラキラしてる姿を見て、アイドルしての輝きに魅力されるけど、そのパフォーマンス中の苦しさに耐える表情や姿ほど、人間の本当の意味での美しさが見える瞬間じゃないかと思う。玉森くんって、ただ立っているだけで、圧倒的に華があって、綺麗。そんな美少年が苦痛の表情を浮かべてるんです。この字面だけみると、変態かよとか思われちゃうかもしれないけど、玉森裕太っていう、アイドルの輝きやパワーを最大限に引き出して、演出してるんだから、ジャニー喜多川氏の演出は、最高だというしかないんだろうなぁ。


苦しいって表情すらも美しくみえる、そんな演者がいて初めて成り立つ演出だとも思うから、ジャニーズだからこそできる舞台なんだとも思う。

玉森くんだけじゃない。みんな本当に綺麗。そんな人たちが揃って、パフォーマンスするだよ。圧倒されるわ。



ジャニーズが圧倒的な男性アイドルの地位を確立してるのって、こういうことなんだろうなぁ。言葉にはできないから、感じてくださいとしか言えないんだけど、ドリボを観劇して、わたしはそれを感じた気がします。




あとは、合間合間のアドリブも笑ったな。主に宮田くんに対する無茶振りなんだけど(笑)わたしの観劇の回では、ジェットボーイズの大喜利?コーナーで、「ケントを笑顔にする一言」「トシヤを笑顔にする一言」っていうお題にジェットボーイズが答えていて、その流れで別のシーンでリカさんから笑顔にする一言を宮田くんが無茶振りされたり、


特に興奮したのは、ユウタとベンチで話すシーンで、話の流れぶったぎって、「ねぇ、俺のことも笑顔にしてよ」ってアドリブぶっこむ玉森くんね(笑)

あの時の顔は、完全に役のユウタではなく、宮田の嫁だったよ( ・⊝・ )



急にアドリブ振られて、「ユウタぁぁぁ〜〜〜〜だめだよ、ユウタぁぁぁ〜〜〜〜」って、玉森くんの肩にすりすりする宮田くんの可愛さよ…もう舞台中にイチャイチャするのやめて!!!!!!!!!!


実際は「ごちそうさまでーーーす」って感じでしたけど(笑)




渾身の宮田ギャグが綺麗にすべって(その空気にややウケ)、2人でにやにやして、笑いを堪えながら「下の上かな」っていう玉森くん。そのあとすぐ宮田くんが本編のセリフに戻ろうとするだけど、あまりに唐突すぎて、客席も演者も吹き出しちゃって、とりあえずベンチに駆け寄るところから仕切り直すっていう前代未聞感よ(笑)


いやぁ。面白かったなぁ、





ドリボは、本編終了後にショータイムという形で、歌を歌ってくれるの。


AAO(宮田千賀)

Everybody Go!(玉森宮田千賀)

MU-CHU-DE 恋してる(玉森)

Let it BURN(千賀)

モテたいぜ トゥナイト(宮田)

Gravity(玉森宮田千賀)

Shalala☆Summer Time(玉森宮田千賀)


Love-tune オリジナル曲

海斗くんダン


Endless Road(玉森宮田千賀)



今回はこんな感じ。全部フルではないんだけど、すっごい楽しかった〜〜〜〜客席降りもあって、間近で宮田くん千賀くん見れたヽ(;▽;)ノかっこよかった〜〜〜〜。

そして、玉森くんのむちゅーはずるいヽ(;▽;)ノ雑誌で好きな曲って公言してたけど、ソロ選んじゃうのはずるい!!!!!!本当かわいい!かわいさの極み!!!!!舞台かっこよさと美しさのダブルパンチだったのに、ここにきて、かわいさの殴打。゚(゚^ω^゚)゚。確実にK.O.大勝利ですよ。ノックアウト。おめでとうございます…!

 



公演は、まだ続くけど、みんな怪我なく最後まで演じきってほしい。素敵な舞台を見ることができて、よかった!


さぁ。甲子園に向けて、もう一眠りしまーす。(新幹線からの更新でした)