読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐるぐるよーぐると

誰よりもそばで僕が見届けていたい

AAAのことについて


メンバーの卒業ーーーー。



いつかはあると思ってたし、AAAが終わる未来だって、何度考えたかわからない。

メンバーのインタビューでも何度か聞いたことあるから、そういった危機に直面したことも、実際問題あったのだと思う。




いつかは来ると思ってた。



来ると思ってたのに、いざその時が来てしまったとき、何も考えることができなかった。



AAA 伊藤千晃の結婚、妊娠発表。

そして、3月末でのAAAからの卒業。



受け入れられなかった。

受け入れたくなかった。

何度も嘘であればいいと思った。


女性にとって、結婚すること、子供を授かることは、人生においてこの上ない幸せ。素敵なことだし、素晴らしいこと。芸能人であるからということを理由にそれを諦めることはない。


わかってる。そんなことわかっている。


頭ではわかっているのに、気持ちがついていかないってこういうことなんだろうなぁ。

嬉しいのに、寂しくて、悲しくて。もやもやしてしまう。

複雑な想いだけが、心の中を埋め尽くしていた。


少し時間が経って、冷静に考えることができるようになった今、言葉にまとめておきたいなと感じたので、ここに記そうと思います。最初に言いますが、とても自己満足な文章になると思います。






私は、AAAが大好きです。


私の人生において、かけがえのないグループです。

好きになったのは、私が中学生の頃でした。

楽曲が好きで、パフォーマンスが好きで、何よりメンバーが大好きで。


嬉しい時も、不安な時も、ずーっと側にはAAAがあった。7人がいた。

ゆかりんの件は、今回はおいておく。(ゆかりんヲタの方には申し訳ないけど)



約10年間、ずーっと、ずーっと、AAAを見てきた。

7人のAAAをずーっと見てきたから、そのグループから1人だって欠けてしまうことが、寂しくてしょうがないよ。




この発表があったときにツイッターで呟いたの。


正直な話すると、もうAAAは終わったと思ってる。もう7人であることが当たり前になりすぎてて、6人でAAAだとは思えないんだ。


って。

この気持ちは、正直まだあるよ。

6人でAAAを続けることに対して、嬉しいと思う。でも、嬉しくないとも思う。



だって、AAAは7人でAAAだから。

全然理由にならないけど、7人でAAAなんだよ〜〜〜〜(語彙力をください)




でも、千晃ちゃんの発表とともに、AAA解散なんて聞いたら、とてもじゃないけど、もっと悲しかった。もっと辛かった。


だから、ありがとう。



AAAを守ってくれた、メンバーに心から感謝したい。いつだってAAAに全力を注いでくれていること、ずっと応援してきたけど、改めて感じた。


当たり前ほど、尊いものはないね。

ありふれた毎日こそが、最高にキラキラしてること。知ってたはずなのに。きんいろモザイクで学んだはずなのに!(笑)




ねぇ、あんなにも一緒にいたから

サヨナラは言わずにここでIt's over

少し会えなくなるけど

忘れない、君が誰よりも恋しくなるだろう



多分、これが7人で最後のライブになると全て分かっていて、AAAがこの曲を歌ったことに全て詰まってるじゃん。



「笑顔のまんまで手を振って、僕らはまた繋がるよね」って。

これが、AAAの「はじまりのstepになる」って。



これがメンバーの想いで、AAAとしての決断なんだ。

考えれば、考えるほど、どんなにメンバーがAAAに愛情を注いできたか、どんなにメンバーを愛しいと想っているか、ファンの贔屓目もいっぱいあると思うけど、痛いほど伝わってきた。




この文章を書いていて、すとんと胸に落ちてきた。


私はAAAが大好きで、これからも大好きなんだ、ってことが。




この先どんなことがあるかは、誰にもわからない。でも、今この瞬間、この想いだけは、本物。