ぐるぐるよーぐると

誰よりもそばで僕が見届けていたい

WAY OF GLORY


(※この記事には、公演のネタバレを含むワードが出て来ます。)



AAA ARENA TOUR 2017 -WAY OF GLORY-

さいたまスーパーアリーナ公演行って来ました。


千晃ちゃんがAAAを卒業して、初めてのライブ。6人でのAAAの姿を見ることに対して、不安な気持ちしかなかった。AAAメンバーに会えることは楽しみで嬉しいはずなのに、複雑な気持ちが大きかった。


正直、ライブが始まってからも私の気持ちはどこか上の空で。そこにいるはずの立ち位置には誰もいなくて、本来聞こえてくるはずのパートなのに、彼女の声が聞こえなくて。


ただ辛かった。

彼女がいない現実を突きつけられた。

私が見て来た彼らの姿は、7人が当たり前で、ずっと、ずっとずっとそれがAAAだと思って来たから。


MAGICや、新曲No way BackのTV歌唱は最初から6人だったからまだ受け入れらてた。でも、ライブは違う。ずっと見て来たパフォーマンスと絶対的に比べてしまう。そこにいるはずの彼女の姿を探してしまう。ずっと見て来たから、だからこそ、もう染み付いてる。彼女の存在も歌声も。



今回のライブは、私にとって、これからもAAAを応援する上で新しく踏み出すためのライブだった。


だって、彼女がAAAを卒業したのは、あまりに突然で、言葉は悪いけどあまりに呆気なかった。彼女の体調を考慮してライブが、パフォーマンスができないってことはまだわかる。でも、最後7人揃って欲しかった。7人のAAAを目に焼き付けたかった。あの時、東京ドームでAAAを見てた私には次に会うときは、6人になってるなんて、これっぽっちも考えなかった。そりゃ当たり前で。



卒業発表があってから、受け入れてたつもりだった。6人で歩き出すAAAを心から応援してたつもりだったけど、今回のライブは辛かったね〜〜(笑)本当に辛かった。ライブ前半とかもうメンタルフルボッコだったよ・・・

「風に薫る夏の記憶」と「ココア」は、本当ボッコボコにされてた。だって、宇野ちゃんと千晃ちゃんがいるから成立するような曲なのに、なんで、これをここで?って思うじゃん。


今思うと、ライブ前半は、千晃のいないAAAをわざと見せてた。私はそんな気がした。このセトリじゃなかったら、後半が活きてこなかった。心からそう思う。


そして、感じたのは宇野実彩子の強さ。

「ココア」をギターひとつで歌い上げて、「Jewel」をひとりでパフォーマンスしきった、あの人は強いよ。宇野ちゃんは、すごい。Jewelは正直、セトリに組み込む必要あったか?と今でも思う。あれはメンタル強くないとやれないよ。誰がやるって決めたのかわからないけど、これメンバー発信以外だったら、その関係者フルボッコにしたいレベル。痛々しさしかなかった。


西島さんと與さんのDangerous Gambleに東京ドームのみさちあしか感じなかったから、これも対比だったのかなぁ。



今回のライブで楽しさを感じれたのは、後半入ってからだったなぁ。


今回オープニング以外の映像パートが2つあったんだけど、

前半は雨の中それぞれが、それぞれの場所で思いを馳せてるもの。

後半は、それぞれがライブなのかパーティなのかに向けて身支度をしてて、そこから会場へ1人ずつ入っていくもの。


もう、後半の映像がすごくすごくすごくすごくよかった。てか、後半が最高によかった!!!!!映像で1人ずつ、笑顔とか最高のキメ顔を見せて歩きだしていくんだけど、最後の西島さんだけ、一度素通りしてから振り向いて、そこから歩み寄って手を差し出しながら「一緒に行くぞ?」って言わんばかりの笑顔・・・好き・・・ああ好きだ・・・ってなるじゃん?みんななったじゃん?

そこからのLEAP of  FAITHなんですけども、映像終わりのイントロで会場が暗くなった瞬間のペンライトの色が赤だったの最高に震えた。新生AAAを迎える色が赤ってもう・・・言葉にできねぇよ・・・(最近のAAAのライブペンライトは遠隔操作機能付きで、演出で色が操作されます。元メンバーの伊藤千晃のメンバーカラーは赤色)


私の勘違いだったら大変申し訳ないけど、この後半映像からの楽曲は、振り付けやフォーメーションが一新されてた。印象的なサビの振りとかは一緒だけど、今まで見て来たそれとは全く違う。それに千晃パートを違和感ないほどにカバーするために、現メンバーの歌割りも若干変えてた。それに特に、西島さんと宇野ちゃんはオリジナルをかなりアレンジして歌う部分が多くて、今までと違う印象を与えてた。これも勘違いかもしれないけど、千晃ちゃんパートをかなりアレンジして歌ってた気がする。Mステで初披露したときから、MAGICの千晃ちゃんパートは宇野ちゃんオリジナルとはいつも変えてるし、意図的なんだろうな・・・


まさに新生AAA、って感じで。

かっこよかった。本当に、めちゃくちゃかっこよくて、楽しかった。このライブ来てよかったって心から思った。6人でもAAAはAAAで、やっぱり大好きなAAAで、これからもついて行くのはAAAなんだって思いました。


でね、最高にテンションあがったのは、One Night Animal!!!!!!これはね( ;  ; )振り付けが昔に戻ってたの( ;  ; )( ;  ; )( ;  ; )会場のファンが簡単に一緒に真似できるように、サビの振り付けが簡単になってたんだけど、今回は全部ちゃんと踊ってくれてた最高すぎてしんどい〜〜〜〜〜〜ほんとほんとほんと嬉しかった!!!!!!この曲好きで当時めちゃくちゃ踊ってたから、いっつもちゃんと踊ってほしいって思ってた。だから、もう最高嬉しくて、最後に楽しかった。

日高くんのラップ部分のダンスも、全部やってくれてもうもうもう〜〜〜〜〜〜最高って言葉しかないんだけど、今でも鮮明に覚えてる。とてつもなく興奮したのだけ伝わっておくれよ(息切れ)




ライブMCは相変わらずの空気感で、たくさん笑ったなぁ。あの空気感できゃっきゃしてる彼らが大好きなんだよなぁ。AAAは変わっても、変わらないものもあって、嬉しくなった。


本当にライブ後半からアンコールにかけて、新しいAAAの姿をたくさん見せてもらったんだけど、1つだけ最後に感じてしまったのは、リリマリで会場がPPPHするところで、いつも聞こえるはずの「ジャンプ!」って可愛い掛け声。ああ、いっつも会場をいちばんよく見てる千晃ちゃんは、全員パートで自分は歌わずに会場を煽ってくれてたなぁって、なんだかじーんとしてしまってた。千晃ちゃんを感じてしまってたよ。


でも、そこに辛いとかっていう気持ちはどこにもなかった。AAAは、パフォーマンスで証明してくれた、これからもついて行きたいと思わせてくれた。またAAAのことを大好きだと思わせてくれた。今回のライブは、AAAを応援して来た人には見てもらいたいなぁ。


AAAはAAAとして歩むことを辞めないでいてくれた。彼らはまだWAY OF GLORYの途中なんだって、未来に期待させてくれた。ありがとう。



私は、これからもAAAが好きです。






広告を非表示にする